建築士紹介 こだわりの設計で理想の家を創る

吉村紳 一級建築士事務所吉村 紳

オリジナリティ溢れる住宅を一緒につくりましょう

住みやすさ・使いやすさ・デザイン・構造・コストのバランスを調整しながら打合せを何度も重て家づくりを進めていきます。お施主様と建築家の本音の打ち合わせにより、一生の買い物である家(夢)づくりを成功させます。

家づくりコンセプト

仕事風景の写真

― 家づくりで得意としていること
せっかくの良い木を家づくりに使うので、意匠的に木を見せる家づくりを得意としています。柱や梁などの構造材1本1本にまでこだわりを持ち、回数・規模に関係なくどのような物件でも標準として自社で構造計算していますので、安全で美しい構造を得意としています。自然素材を生かし自然を活かした空調や採光計画を家の中に多く取り入れ、日本の四季に対応した家づくりを得意とします。
― 木の家の魅力を活かす
木の魅力を活かした家とは構造材はもちろんのこと、内装・外装ともに月日が経つにつれて家になじんでいき、たとえ傷がついたり日に焼けてしまってもそこが味になっていきます。そこに住む人と一緒に変化を楽しむことができます。木の温もりに囲まれた健康的な家づくりを心掛けています。
―フォレスタイルだからできる家づくり
木の樹種ごとの特性を見極め、それぞれを活かした部材を適所に使用し、木の温もりに囲まれた家を実感できます。良い材料はそれを見極める大工さんにとっても技術を活かした家づくりを披露することができます。そこに住み人にとっても美しく・良い材料を使用し、大工さんが大切に造ってくれた木の家の中で毎日生活をしてことで、家に対する愛着がますます湧いてきます。
― 自然のよさを引き出す工夫
自然素材を多く使った家とは、温もり・質感・健康的・見た目など良い点が多い反面、手入れが必要・傷がつきやすいなどのデメリットもありますが、それらも月日が経つにつれて家の味になっていきます。自然素材の家との付き合い方など説明して納得していただいてから家づくりを始めていただきます。
― 家づくりのアドバイス
ハウスメーカなどの営業マンの多額な報酬、その会社の広告・宣伝費などに使われてしまう費用を支払うくらいなら、自分の家に最大限お金を掛けたいという方は是非当事務所にご相談ください。間取り・外観・内観・内外装仕上げ・素材・構造・使い勝手・コストなど家づくりにおいて個性を出したい、ハウスメーカーなどにはないものを求める方はぜひ一緒に家づくりの楽しさを共感しましょう。

仕事風景の写真

家づくりをお考えのみなさまへ
設計事務所は敷居が高いものと思われがちですが、決してそのようなことはございません。一緒に家づくりに対して熱くなりましょう! 私はあくまで家づくりをサポートする良きパートナーでありたいと考えています。狭い敷地や予算不足の時こそ私が力を発揮します。ローコストでもコンセプトがしっかりしていれば魅力ある住まいが作れます。規格住宅では味わえないオリジナリティ溢れる住宅(夢)を一緒に作りましょう!

会社情報

会社情報

商号 吉村紳 一級建築士事務所
代表者 吉村 紳
所在地 496-0038 愛知県津島市橘町2丁目68番の2
電話 0567-55-7728
FAX 0567-55-7738
メールアドレス shin-architect@mx1.alpha-web.ne.jp
URL http://www.shin-architect.com/
設立 平成15年7月
保有資格者 一級建築士、福祉住環境コーディネーター2級、愛知県木造住宅耐震診断員、SE工法登録建築士、愛知県被災建築物応急危険度判定士、愛知県地震災害軽減システム研究協議会認定耐震化アドバイザー

建築士プロフィール

1972年愛知県名古屋市生まれ
大学の建築学科卒業後、ゼネコン・ハウスメーカーにて現場監督を経験し、品質・工程管理を学び、その後積算・発注業務を学ぶ。それらの経験が現場やコストに強い設計事務所として今に活かされる。
設計事務所にて主なデザインや設計を学んだ後、平成15年に独立開業し現在に至る。
主に木造住宅を得意とし、自社で構造計算をする強みから大工以上に骨組みを熟知し、構造材である木の骨組みを内装に意匠的に活かした空間づくりを得意とします。

主な受賞経歴:

愛知建築地震災害軽減システム研究協議会主催
「第6回あいち木造住宅耐震改修事例コンペ」佳作入賞

« 建築士紹介一覧へ戻る