建築士紹介 こだわりの設計で理想の家を創る

永冶建築研究所永冶祐太

住まい手の想いと風景や歴史、その場所に流れる時間、自然要素との関係を結びながら、愛着を持っていただけるような住まいを考えています。

家づくりコンセプト

仕事風景の写真

― 家づくりで得意としていること
図面だけでなく模型などを用いながら分かりやすく、楽しみながら家づくりができるよう心がけております。その土地の文化や歴史、滲み出る雰囲気、そして住まい手の想いを重ね合わせ設計のきっかけを得るようにしています。また、光や風などの自然要素を取り込み、住まい手が心地よく暮らすことができる家づくりが得意です。
― 木の家の魅力を活かす
化粧材としての木材の利用にとどまらず、木構造を見せるデザインを得意としております。ダイナミックかつ繊細な在り方が空間を優しい印象にすると考えています。経年変化も木の魅力の一つです。住まい手とともに育っていくことで魅力の増す空間をご提案いたします。
―フォレスタイルだからできる家づくり
フォレスタイルを利用することで、東白川村で育まれてきた東濃ヒノキを存分に使用することができ、様々な提案を可能とする建築士と素材を知り尽くした地元工務店の技術が結合した家づくりが可能だと思います。住まい手の満足のいく家づくりの可能性がぐっと高まるのが魅力です。
― 自然のよさを引き出す工夫
私が住まいを設計する時に大切にしていることは、住まいが「そこにあり続けてよいものであるか」ということです。「そこにあり続けてよいもの」であるためには、木、鉄、石、土といった自然由来のものを無視することはできません。自然由来のものと住まい手の想いとのバランスを踏まえ、住み心地を主眼とした設計をすること。また、素材としての自然だけでなく、光や風、風景などの要素を取り込み、内外をつなぐ空間のあり方を模索することで自然の良さを引き出す工夫をしています。
― 家づくりのアドバイス
豊かさや住み心地の指標は部屋の数や大きさだけではありません。ご家族の皆様がそこに居続けたいと思える雰囲気づくりが大切であると考えています。住まい手と共に育っていく家、それをサポートする建築士とのつき合いは長いものとなります。じっくりとつき合うことのできる建築士と出会うことが大切だと思います。不安や些細なことも気兼ねなく相談されることをおすすめします。

仕事風景の写真

家づくりをお考えのみなさまへ
家づくりは楽しみもあり不安もあると思います。私たち建築士に気兼ねなくどんどん投げかけてください。不安な点を少しづつ解決し、家づくりを一緒に楽しみましょう。風景やその場所に流れる時間、自然要素と住まい手との関係性の中に建築は生まれると思います。住まう場所と自分自身の想いに向き合い、本質を1つ1つつかみながら共に考えて行きましょう!

会社情報

会社情報

商号 永冶建築研究所
代表者 永冶祐太
所在地 〒507-0831 岐阜県多治見市新町1-23
多治見市産業文化センター2階
電話 090-4864-7343
メールアドレス nagaya@yn-a.com
URL https://www.yn-a.com
設立 2013年
保有資格者 一級建築士
福祉住環境コーディネーター二級
既存住宅状況調査技術者
国土交通大臣登録 木造耐震診断資格者
CASBEE 戸建評価員
岐阜県応急危険度判定士

建築士プロフィール

【経歴】
1981年 岐阜県生まれ
2004年 東京理科大学工学部建築学科卒業
2006年 東京理科大学大学院工学研究科建築学専攻
修士課程修了
2007年 光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所
Pelli Clarke Pelli Architects Japan, Inc.
同時所属
2009年 陶器二三雄建築研究所
2013年 永冶建築研究所 設立
東海工業専門学校 非常勤講師
2019年 国立豊田工業高等専門学校 非常勤講師
【所属】
日本建築学会
岐阜建築士会
【賞歴】
2019年 第33回 日本建築学会東海賞(中山道 白雨の家)
2013年 第30回JIA(日本建築家協会)東海支部コンペ 銀賞
2008年 第6回日経アーキテクチュアコンペ 佳作
2006年 KANSAI DESIGNERS WEEK
第2回建築デザインコンペティション 入選
2006年 第13回空間デザインコンペティション 佳作

« 建築士紹介一覧へ戻る